着物を処分したいなら買取に出すのが一番です

着物を持っているけれど、着る機会がないために処分したいと考える人もいるはず。

しかし、捨ててしまうのはあまりにもったいないです。

もし高額査定が期待できる着物であれば、売った方が絶対に良いです。

まず、未使用だったり正絹の着物は、高額で買い取ってもらえる可能性があります。

また、シミや汚れがなく、有名産地、有名作家の作品であれば、それだけ高額査定が期待できます。

さらに、丈が長い着物も高額になる場合があります。

一方で、高額査定は期待できない着物もあります。

シミやキズ、汚れや傷がひどい着物は、買い取ってもらえないことがありえます。

さらに、喪服や真っ黒の無地の着物、羽織や長襦袢もあまり期待できません。

さらに、ウールや化学繊維の物もダメです。

しかし、これらの着物を少額でも査定してくれる買取店もあるので、処分したいと思ったときはチェックしてみると良いでしょう。

ちなみに、着物をより高額で売るためには、和装小物を一緒に査定に出すといいです。

着物を処分したいなら、当然ながら和装小物も必要ないですよね。

帯や下駄、足袋、草履や扇子、根付、帯締め、帯揚げ、かんざしといった和装小物は、買い取ってもらうことが可能です。

まとめて査定に出すことで、高額になる可能性がグッとアップします。

また、着物を処分したい場合、自分で買取店に持っていくよりも、宅配買取店や出張買取店に依頼した方がお得です。

もし顧客が査定の額に満足せず、キャンセルをされてしまうと、これらのお店は無駄足を踏み損をしてしまいます。

そのために、なるべく高い査定額を提示してくれる可能性があるのです。

着物の買取りはどこがいいかオススメはコチラ>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。