着物を売りたいならオトクな方法があります

着物をなるべく高く売りたい思ったら、査定に出す前にまずは保存状態をしっかりとチェックしましょう。

当たり前ですが、新品や未使用の着物、さらには着用回数が少ない物の方が高く売れます。

基本的には、購入してから10年以内の着物が、買い取り店でも高く買い取ってくれるようです。

しかし、 10年以上の物でも保存状態がとても良かったり、有名作家の作品であれば、高額になる可能性は十分にあります。

もしシミや色落ち、汚れ、虫食いやカビが着物にある場合、値段は下がってしまいます。

ですので、普段の取り扱いにも注意が必要なのです。

特に絹は経年劣化しやすいので注意が必要です。裏地が黄ばんでいたり、箔が変色してしまうといった恐れがあります。

着物を着る機会がないのであれば、劣化してしまう前に買い取り出してしまうと良いでしょう。

また、着物売りたいなら生地の質やサイズ、作家や産地、流行の柄なのかどうかといったこともチェックしましょう。

まず、ウールや化学繊維の着物には高額査定はつきません。

お店によっては化学繊維の着物の買取をしていないこともあるので、どうしても売りたいならば、そのような着物も取り扱っているお店を選びましょう。

もし着物のサイズが小さすぎると、リサイクル用の生地にしかならないので、高額買取は見込めません。

なるべく高く売りたいなら、買い取り店に持っていくよりも、近頃話題のフリマサイトなどを利用することで、買い手が見つかる可能性があります。

証紙があるなら、査定の際に出すのを忘れてはいけません。

証紙は品質や産地などを証明する用紙で、これがあるかないかで査定額は大きく変わります。

高く売りたいなら、しっかりチェックしましょう。

着物の買取りはどこがいいかオススメはコチラ>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。