着物は中古でも良いものを購入するために

着物には、礼装に用いる物からおしゃれに用いる物まで様々な種類があります。

中古では特に礼装の着物をお得に購入できる可能性が高いです。

なぜかと言うと、礼装用の着物はなかなか着る機会がないので、きれいな状態で保管されている物が多いからなのです。

保管の仕方が分からずシミなどを作ってしまう人もいるでしょうが、あまりに傷みやシミが酷い着物は買い取りをしてもらえないので、中古で売られていることはないでしょう。

運が良ければ、新品同様の物を購入できることはあります。

ちなみに、礼装用の着物は長襦袢と一緒に誂えることが多いために、着物と一緒に査定に出す人も多いため、セットで購入できることがあります。

礼装用の着物だけよりも長襦袢とセットの方が高価にはなりますが、それでも中古なら新品を購入するよりずっと安いはずです。

おしゃれ用の着物は、礼装用と比べても着る頻度が多いですので、古い物だと糸や生地が弱くなってしまっているかもしれません。

しかし、現在ではあまり見られないようなレトロな柄の着物が手に入るというメリットがあります。

また、おしゃれ用でもほとんど袖を通していない物もあるので、そういった物が手に入ればラッキーですね。

もし生地や糸の弱りが心配ならば、お店の人に確認してみましょう。

中古の品を扱っているとはいえ、お店の人は着物について詳しいはずです。

弱り以外にも、中古の着物を購入するときは汚れもないかチェックしたいですね。

裾や袖口、襟や上前などは汚れが付きやすい場所です。

ネットショップでも中古の着物を購入できますが、それだと実物が確認できないので、心配な場合はやめておきましょう。

着物の買取りはどこがいいかオススメはコチラ>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加