着物の帯を売りたいなら必見です

着物の必需品である帯ですが、いらなくなってしまったので売ることを考えている人もいることでしょう。帯だけで売ることができるのか、気になるかもしれません。

着物と帯はセットで販売されているものではなく、基本的にはバラで売られている物ですので、帯だけ売るということはもちろん可能です。

一口に帯と言っても様々な種類があり、価値も様々です。

中には着物以上に高額な値段がつくものがあるんですよ。

着物の帯には、礼装や振り袖、留袖や訪問着などに使用する袋帯という物があります。

袋帯にはおめでたい柄や刺繍が施されているのです。

また、外出着からおしゃれ着と幅広く活用できる名古屋帯に、花嫁衣裳などに用いられる丸帯、通常の帯より短い半幅帯といった物があります。

これらの帯は、染め方や織り方、機元や作家などの違いによって査定額が異なるのです。

素人ではなかなか見分けがつかないかもしれませんが、査定員に見てもらったことで貴重な品であることが判明することもあり得ます。

ちなみに、より高い値段で売りたいならば、帯をきれいな状態で保存する必要があるでしょう。

帯は一度折り目がついてしまうとなかなか取れないので、たたみ方に気を付けないといけません。

帯のたたみ方は、種類によって異なります。袋帯と名古屋帯でもたたみ方は異なりますので、正しいたたみ方がわからないという人は、しっかりと調べた方がいいでしょう。

きれいにたためば、シワや折り目がつくこともないはずです。

着物の買取りはどこがいいかオススメはコチラ>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。