着物の種類について解説します

着物はかしこまった場所で着る物だ、と思っている人もいるかもしれません。

しかし種類は様々で、きちんと着ていく場所というのもわきまえないといけないのです。

フォーマルシーンの着物というのは、黒留袖、色留袖、振袖、訪問着、付け下げ、色無地といった種類があります。

黒留袖は、既婚女性の第一正装として用いられるもので、家紋が入っており、親族の結婚式に着ます。

色留袖にも家紋が入っていますが、既婚、未婚に限らず着ることができます。

訪問着や付け下げと同等のシーンで活用可能です。

振袖は未婚女性の第一礼装で、成人式や結婚式といったパーティシーンなどで着る物です。

訪問着は華やかな色や柄をしており、礼装として用いられます。

付け下げは着た時に模様が上を向くように柄づけされています。

シンプルなデザインの物なら、カジュアルな場面でも着ることができます。

色無地は一色で染められ、紋も入っていません。

ちょっとした外出に気軽に着ることもできますが、一つ紋が入れば正式なシーンで着ることができます。

小紋、紬、木綿はカジュアルな種類の着物です。

小紋は着物全体に模様が折り返し柄付けされており、江戸小紋などさらに細かい種類にわけることもできます。

紬は染めた糸を織りあげた着物で、縞や格子といった柄をしています。

木綿は単衣仕立てにすることが多く、夏に着用できる着物です。

このように、着物には種類が豊富です。同じように帯にも種類があり、袋帯、名古屋帯、半幅帯、兵児帯などがあり、着物と同様シーン別に使い分けるのです。

着物の買取りはどこがいいかオススメはコチラ>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。